貴重な晴れ

・今日まで秋晴れ
・台風14号の影響で週末は荒天
・来週は秋晴れが戻る

台風14号は発達して暴風域を伴う台風となり日本の南を西北西に時速10キロで進んでいます。
14号はこの後も発達しながら北西に進み今日のうちに強い勢力となり、
次第に向きを北に変えて金曜日に奄美地方の東をゆっくり北上し、
土曜日に強い勢力で種子島屋久島地方から四国の南を通って
日曜日に本州の南海上を東へ進み、
月曜日の未明には関東の関東海上へ進むでしょう。
台風の進路に近い奄美地方と九州南部では暴風が吹き大荒れの天気になり、
海上はうねりを伴って猛烈な時化となる恐れがあります。
また、台風の動きが遅いため、奄美地方では明後日にかけて多い所で500ミリ大雨になる恐れがあります。
九州南部と大分県など九州山地の東側では土曜日に大雨になる恐れがあります。
奄美地方は明日から九州南部は明後日から暴風、高波、大雨に厳重に経過してください。
進路から離れた九州北部でも土曜日は北風が強く吹き波は高くなります。
北部でも土曜日は強風と高波に要注意でしょう。

高気圧に覆われ九州は晴れている所が多い様です。
放射冷却が働き朝の気温は平地で17度、山地で12度前後と所々でこの秋一番の冷え込みとなっています。
この後も高気圧に覆われ今日も九州は日中晴れる所が多いでしょう。
湿った空気が流れ込み九州南部から大分県にかけては夕方から曇り、夜遅くは雨が降るでしょう。
最高気温は北部は昨日と同じ26度と平年並み、南部は昨日より3度高く29度前後と9月下旬並みです。
朝との温度差が大きいので服装でうまく調節しましょう。

明日は台風が奄美地方に近づき九州には湿った空気が流れ込みます。
また、気圧の谷も日中通過する見込みです。
このため、太平洋側では断続的に雨が降り、その他の地方も曇りで日中一時雨の降る所が多いでしょう。
奄美地方は暴風雨となるでしょう。

明後日は台風が奄美地方の東をゆっくり北上し奄美は暴風が続き、九州は曇りで南部から大分県にかけての九州山地の東側では断続的に雨が降るでしょう。
土曜日は台風が九州の南から四国の南へと進み曇りで南部から大分県にかけては大雨になるでしょう。
日曜日まで湿った空気の影響で曇り。
月曜日から水曜日にかけては高気圧に覆われ秋晴れが広がるでしょう。

気温は平年を上回る日もありますが北風の冷たい日が多いです。
風邪など引かない様、体調管理をしっかり行いましょう。

投稿者: eisakusato

福岡県在住の気象予報士佐藤栄作です。KBCテレビ『アサデス。』とKBCラジオ『小林徹夫のアサデス。ラジオ』に出演中。趣味はスキューバダイビング、マラソン、ゴルフ。株式会社風見屋代表取締役。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。