冬型次第に緩む

・寒気の影響で北部は寒い
・晴れて小春日和が多い
・来週初めは愚図つく

日本付近は冬型気圧配置になっていて九州は大陸の高気圧に覆われ九州は晴れている所が多いですが、寒気の影響で対馬海峡の沿岸では曇っています。
朝の気温は沿岸で9度、内陸で5度前後と寒い朝になっています。
この後、冬型は緩み高気圧が黄海に進んで来て九州を覆う見込みです。
このため今日の九州は晴れる所が多いでしょう。
対馬海峡の沿岸では寒気の影響で朝から昼過ぎまで曇り、夕方から晴れるでしょう。
最高気温は昨日より1度低く北部で16度、南部で20度前後でしょう。
南部は平年並みで暖かく、北部は北風が冷たく寒いでしょう。

明日から土曜日まで高気圧に覆われ晴れ。
日曜日は高気圧が東へ去り次第に曇り、
月火は気圧の谷が通過するため曇りや雨でしょう。

気温は明日の朝まで平年を下回り寒く、その後は平年並みかそれを上回り暖かく小春日和で暖かく過ごしやすい日が多いでしょう。

投稿者: eisakusato

福岡県在住の気象予報士佐藤栄作です。KBCテレビ『アサデス。』とKBCラジオ『小林徹夫のアサデス。ラジオ』に出演中。趣味はスキューバダイビング、マラソン、ゴルフ、釣り。株式会社風見屋代表取締役。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。